IT国家資格

合格体験記 (応用情報技術者)_短期集中の受験体験記!

1. 受験した資格

応用情報技術者

2. タイトル

短期集中の受験体験記!

3. ニックネーム

もちさくら

4. 性別

女性

5. 受験日

2021/10/10

6. 受験時の年齢

17歳

7. 該当資格試験の受験は何度目か

2回目

8. 合否

合格

9. 正解率 or 取得点数

午前:70%、午後:75%

10. 学習に費やした時間

約63時間(1回目も含めると約100時間)

11. 実務経験年数

実務経験なし

12. 受験しようと考えたキッカケ

情報科の高校に通っており、基本情報技術者試験に合格していたため、そのステップアップで受験しました。
そして1回目に、午後が残り3%程足りず落ちてしまい、とても悔しい思いをしたので、もう一度挑戦することにしました。

13. 学習形態

独学

14. 使用した参考書や問題集

・応用情報技術者試験ドットコム
良かった点は、午前の勉強を十分に行うことができるところです。
また、会員登録することで今までの網羅度、正答度を確認できるところです。
悪かった点は、特にありません。

・「応用情報技術者午後問題の重点対策2021(緑本)」
良かった点は、分野ごとに頻出の単語についてや、長い文章を読み解くコツが書かれているところです。
悪かった点は、特にありません。

15. 学習方法

試験のちょうど1ヶ月前に、応用情報技術者試験ドットコムの過去問道場で午前問題を解き始めました。他の検定試験や定期テストと重なっていたため、家で毎日過去問を3期分(240問)ほど回し、通学時間中に間違えたところを繰り返し解きました。
暗記分野(マネジメントなど)にはチェックをつけておき、試験の直前に見直せるようにしました。

その後適当に選んだ過去問を1回解き、午後で自分が解けそうな分野を選び、その分野だけを勉強することにしました。そして勉強をする優先順位を計画しました。
1. セキュリティ(必須)
2. 経営戦略
3. プロマネ/サビマネ
4. システム監査
5. 組み込み(時間あれば)

午後問題は語句についてある程度の知識がないと過去問を解くにも時間がかかるため、過去問道場の網羅度が上がってきた、試験の13日前に緑本(午後の重点対策)を読み始めました。
プログラミング系、ネットワーク系など苦手なものについては全く勉強をしませんでした。新しい知識を叩き込むよりも、得意を伸ばす方がいいと思ったからです。
長い文章を読み解くコツや、分野ごとの頻出内容を知り、選択した各分野をそれぞれ3~4周ほど回し、自分で正確な回答と解説ができるくらいに仕上げました。

試験直前には、午前は暗記問題を繰り返し解き、午後は各分野で目標の正答率を決め、セキュリティ用語などを抑えました。
平日は平均1~3時間ほど、土日は多くて5~6時間ほど勉強し、無事合格することができました。

16. 集中力やモチベーション維持する方法があれば

私は短期集中派のため、1ヶ月の間に集中を切らさないように勉強を詰め込みました。合格したときの嬉しさを考えるとモチベーションが保たれます。

17. 試験について感想

午後問題の選択問題については、どのように選択するか、必須はなにか、配点をしっかり理解をした上で勉強を進めると当日に慌てずに済みます。
マークの仕方や選択の丸をするところなどを、掲示板で聞いたり調べたりせずに、しっかり公式のサイトを見て確認するのをおすすめします。

学習時に想定していたことと異なるものは、かなり日本語能力が必要になることです。特に午後問題では筆記の回答をする必要のある問題があります。ですが、正解に近い回答であっても日本語として通用するか確認しないといけません。また長い文章を昼ごはんのあとに読むことになりますので、最後まで諦めずに集中して解くためにも、眠気対策でお昼ごはんを食べすぎないことをおすすめします。

18. 全体を通しての反省点等

午前問題対策は、とりあえずたくさん解いたらいいという考えではなく、頭を働かせて1問1問を大切にしっかり解くと、午前問題だけでなく、午後問題対策にもなりました。

午前問題で過去問には載っていなかったような、最近出てきた情報の用語などが出題され、分からず、勘で答えてしまうことがありました。そのため、最近の新しいIT用語について調べておくべきだったと思っています。

また、情報についてのニュースなどを日頃から知っておく必要があると思います。

参考書や過去問は一周で満足せずに何周もすることで解き方が定着しましたので、良かったと思います。

19. これから挑戦する人へのメッセージ

応用情報技術者試験はとても難易度の高い試験で、合格率がとても低いです。しかし、その分、受かったときはとても嬉しさでいっぱいになります。さらに自分自身をスキルアップできます。

また、情報についての知識を持っていることの証明にもなります。私も他の試験などを抱えながら、隙間時間にできるだけ復習をし、2度目の受験で合格することができました。諦めなくて良かったと思いますし、勉強を通じて自信を持つことができるようになりました!ぜひ、頑張ってください!