IT国家資格

不合格体験記 (データベーススペシャリスト)_データベーススペシャリスト試験体験記

1. 受験した資格

データベーススペシャリスト

2. タイトル

データベーススペシャリスト試験体験記

3. ニックネーム

まいめ

4. 性別

女性

5. 受験日

2020/10/18

6. 受験時の年齢

41歳

7. 該当資格試験の受験は何度目か

2回目

8. 合否

不合格

9. 正解率 or 取得点数

午前I:免除、午前II:92点、午後I:82点、午後II:56点

10. 学習に費やした時間

10時間

11. 実務経験年数

5年以上

12. 受験しようと考えたキッカケ

職場で資格ポイント制度があり、昇格基準に考慮されるほか、給与面での優遇もあるため

13. 学習形態

独学

14. 使用した参考書や問題集

・WEBサイト:データベーススペシャリストドットコム
午前はここに掲載されている問題を全て答えられるようにするだけで大丈夫です。
隙間時間に効率的に学習できました。

・IPAサイトに掲載されている過去問
午後対策も過去問を数年分解いて臨みました。初めはスマホで見ていましたが、印刷した方が断然やりやすかったです。

15. 学習方法

データベースに関する基礎知識は持っていたため、過去問を中心に解いて試験に臨みました。
1ヶ月ほど前から学習を始め、通勤中や平日夜を中心にひたすら過去問を解きました。
午前対策は上記にあげたデータベーススペシャリストドットコムに掲載されている過去問をスマホで繰り返し解きました。間違えた問題だけを解き直すことができるため、大変使い勝手の良いサイトです。ここで過去問は全て解答できるようにしました。情報処理試験の午前問題は過去問からの出題もしくは過去問を少し変えただけの設問が多いため、過去問を完璧に解けるようにしておけば合格点に届きます。

午後もIPAのサイトから過去問をダウンロードして活用しました。解説はネットで調べればいろいろな方があげてくださっているため、参考にさせていただきました。ただ午後は1問解くのに時間がかかりますが、まとまった時間がとれずに細切れ時間で解いたため効率のよい学習方法ではなかったと後悔しています。

16. 集中力やモチベーション維持する方法があれば

特になし

17. 試験について感想

実際の試験時間を考慮した学習をすることができないまま、本番に臨んでしまいました。情報処理試験自体は今までに何度も受験しているため、会場や試験自体には慣れていますが、時間配分で失敗してしまいました。
特に午後試験は時間がかかるため、あらかじめ配分を考えておかないと時間が足りなくなります。
本番さながらの時間で問題を解く練習をすることは必須だと感じます。また、データベーススペシャリストは問題パターンがほぼ決まっていて過去問だけで充分と思っていましたが、午後(特に2部)は過去問だけでの対策は不十分だったかなと感じます。
試験独特の出題方法があるため、市販の問題集など1冊ぐらいは解いておいた方がいいかと思います。

18. 全体を通しての反省点等

上記にも書きましたが、本番の時間配分に失敗して、時間が足りなくなってしまいました。時間をかけないと解けない問題の中にも、すぐに解答できる設問が隠れていたりします。未回答の問題でも後で見返したら回答できたものもいくつかあり、悔しい思いをしました。
また、ある程度の学習時間が取れるのであれば、しっかりと学習スケジュールを立てて、計画的に臨むべきです。仕事と家庭の両立の中でうまく自分の学習時間を取れなかったことが反省点です。

19. これから挑戦する人へのメッセージ

情報処理試験はどの区分であっても過去問対策が欠かせません。午前対策で過去問を十分に解き、その中で基礎知識を身につけた上で午後対策に臨むといいと思います。
午後試験は1問解くのに時間がかかります。一つの設問でつまづいてしまい時間をかけ過ぎると、最後まで解けなくなりますので、ある程度時間を決めて次にとりかかるといいです。
情報処理試験に合格しているという実績を評価している会社も多いと思います。自己のスキルアップのために頑張ってください。