古典

徒然草 序段

つれづれなるままに、日ぐらし硯にむかひて心にうつりゆく由なしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
(これといってすることもなく、物わびしさにまかせて、一日中硯に向かって心に浮かんでは消えていくつまらないことを、漫然と書きつけてみると、何とも妙に狂気じみた感じがする。)