徒然草 第一段

徒然草 第一段
いでや、この世に生れては、願はしかるべき事こそ多かんめれ。
(さて、この世に生まれたからには、当然願わしく思うであろうことこそ多くあるようだ。)

みかどの御位は、いともかしこし。
(天皇の位を望むのは、とても畏れ多い。)

竹の園生の、末葉まで人間の種ならぬぞ、やんごとなき。
(天皇の御子や御孫の代まで、普通の人間ではないのだから、尊いことである。)

一の人の御有様はさらなり、ただ人も、舎人など賜はるきはは、ゆゆしと見ゆ。
(摂政や関白などの地位の人は言うまでもなく、普通の貴族であっても、御随身などを賜る人は大したものだ。)

その子・孫までは、はふれにたれど、なほなまめかし。
(その子や孫の代までは落ちぶれてしまっても、やはり優雅である。)

それより下つかたは、程につけつつ、時にあひ、したり顔なるも、みづからはいみじと思ふらめど、いとくちをし。
(それより下のほうの身分では、その家柄に応じて時を得て栄え、得意顔である者も、自分ではすばらしいと思っているのだろうが、ひどくつまらない。)

法師ばかりうらやましからぬものはあらじ。
(僧侶ほど羨ましくないものはあるまい。)

「人には木の端のやうに思はるるよ」と清少納言が書けるも、げにさることぞかし。
(「人からは、木の端のように、取るに足りない者のように思われる。」と清少納言が書いているのも、いかにももっともなことである。)

勢まうに、ののしりたるにつけて、いみじとは見えず、増賀聖の言ひけんやうに、名聞くるしく、仏の御教にたがふらんとぞ覚ゆる。
(権勢があって、世間の評判が高くても、それほどとは思えず、増賀上人(平安時代の天台宗の僧)のおっしゃったように、世間的な名声に苦しんで仏の御教えに反していると思われる。)

ひたふるの世捨人は、なかなかあらまほしきかたもありなん。
((これに反して)完全な世捨て人という者は、かえって望ましい点もきっとあるであろう。)

人は、かたち有様のすぐれたらんこそ、あらまほしかるべけれ。
(人は、容貌や姿が優れているであろうことこそが望ましいことであろう。)

物うち言ひたる、聞きにくからず、愛敬ありて、言葉多からぬこそ、飽かず向はまほしけれ。
(何かちょっと言うその言葉が、聞き苦しくなく、親しみやすく、言葉も多くない人こそ、いつまでも対座していたい人である。)

めでたしと見る人の、心劣りせらるる本性見えんこそ、口をしかるべけれ。
(その立派な様子の人が、思っていたよりつまらないと感じられる本性を見せることがあるのは誠に残念なことだ。)

品かたちこそ生れつきたらめ、心は、などか、賢きより賢きにも、移さば移らざらん。
(身分や容貌などは生まれつき備わっているものであるが、心は、どうしてある賢さから更により高い賢さへ移そうとして移せないことがあろうか。)

かたち心様よき人も、才なく成りぬれば、品下り、顔憎さげなる人にも立ちまじりて、かけずけおさるるこそ、本意なきわざなれ。
(容貌や気立ての良い人であっても学才なく成長してしまうと、下品で顔がいかにも醜い人たちに立ち交じって、他愛もなく圧倒されてしまうことになり、不本意なことである。)

ありたき事は、まことしき文の道、作文・和歌・管絃の道。
(身につけたいことは、本格的な学問の道、漢詩を作ること、和歌、管弦の道である。)

また、有職に公事の方、人の鏡ならんこそいみじかるべけれ。
(また有職故実や様々な儀式の方面で人の手本となるようなことこそ、すばらしいことである。)

手など拙からず走り書き、声をかしくて拍子とり、いたましうするものから、下戸ならぬこそ、男はよけれ。
(文字も美しくすらすらと書き、いい声で拍子を取り、(酒を勧められては)迷惑そうな様子をしているものの下戸でないのこそ男はよい。)

古典カテゴリの最新記事