古典

徒然草 第十段

家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮の宿りとは思へど、興あるものなれ。
(すまいがしっくりと調和がとれていて、好ましいのは、(この世における)一時の宿とは思っても、やはり興味のあるものである。)

よき人の、のどやかに住みなしたるところは、さし入りたる月の色も、ひときはしみじみと見ゆるぞかし。
(身分が高く教養のある人が、ゆったりと静かに住みついている所は、さしこんでいる月の光も、一段と深く心にしみて感じられるものである。)

今めかしく、きららかならねど、木だちものふりて、わざとならぬ庭の草も心あるさまに、簀子・透垣のたよりをかしく、うちある調度も昔覚えてやすらかなるこそ、心にくしと見ゆれ。
(現代風ではなく、けばけばしくはないが、樹木がなんとなく古い色をおびて、特に人工を加えたというのではない庭の草も、風情のあるようすで、簀子や透垣の配置が趣深く、ちょっと置いてある道具類も、古風な感じがして、安定いているのは、実に奥ゆかしく感じられる。)

おほくの工の心をつくしてみがきたて、唐の大和の、めづらしく、えならぬ調度どもならべおき、前栽の草木まで心のままならず作りなせるは、見る目もくるしく、いとわびし。
((これに反して)多くの大工が心を打ち込んで、(りっぱに)造りたて、日本製の、あるいは中国製の、珍しく、いいようもなくすぐれた道具類を並べて置き、庭の植えこみの草木まで、(伸びようとする草木の自然の)心のままにまかせず、(不自然に手を加えて)作ってあるのは、見た目も気づまりで、ひどくいやなものに感じられる。)

さてにやは、ながらへ住むべき。
(そんなに、どてどてとかざりたてたところでまあ、いつまでも住みとおされようか、住みとおせはしない。)

また時の間の煙ともなりなんとぞ、うち見るより思はるる。
((火事にでもあえば)これもまた、一瞬の間の煙となって(焼けて)しまうであろうと、ちょっと見るとすぐさま感じられる。)

大方は、家居にこそ、ことざまはおしはからるれ。
(だいたいは、すまいによって、(その家の主人の)心のほどは推測できる。)

後徳大寺大臣の、寝殿に、鳶ゐさせじとて縄をはられたりけるを、西行が見て、「鳶のゐたらんは、何かは苦しかるべき。この殿の御心、さばかりにこそ」とて、そののちは参らざりと聞き侍るに、綾小路宮のおはします小阪殿の棟に、いつぞやの縄をひかれたりしかば、かの例思ひ出でられ侍りしに、まことや、「烏の群れゐて池の蛙をとりければ、御覧じかなしませ給ひてなん」と人の語りしこそ、さてはいみじくこそと覚えしか。
(後徳大寺の左大臣が寝殿(の屋根)に、とびをとまらせまいと思って縄をお張りになったのを西行が見て、「とびがいたからといって何が苦になろう。苦になりはしない。後徳大寺殿のお心は、この程度の(つまらぬ)ものでおありになったのだ」といって、その後は参上しなかったと聞いていますが、綾小路宮がお住まいになっていらっしゃる小坂殿の棟に、いつであったか縄をお引きになっていたことがあったので、あの後徳大寺の例がふと思い出されましたが、ほんとにまあ、「からすが(屋根に)、群がっていて、池のかえるをとったので、それをごらんになって、かわいそうに思し召されて、(そうされたのです)」と人が語ったのには、そういうことなら(宮様のお心は)たいそうごりっぱであったのだと感じた。)

徳大寺にもいかなるゆゑか侍りけん。
(徳大寺殿の場合にも何か理由がありましたのでしょうか。)