徒然草 第十八段

徒然草 第十八段
人は己をつづまやかにし、奢りを退けて、財をもたず、世をむさぼらざらんぞ、いみじかるべき。
(人は自分の身を質素にし、ぜいたくをしりぞけて、財宝を持たず、世俗的な欲望をしいて持たないのがすばらしいことである。)

昔より、賢き人の富みるは稀なり。
(昔から賢人が富んでいたことはめったにない。)

唐土に許田と言ひつる人は、さらに身にしたがへる貯へもなくて、水をも手して捧げて飲みけるを見て、なりひさこと言ふ物を人の得させたりければ、ある時、木の枝にかけたりけるが、風にふかれて鳴りけるを、かしかましとて捨てつ。
(中国に許田という人がいたが、その人は、身につけてたくわえておくというものはまったくなくて、水すらも手ですくいあげて飲んでいたのを見て、ひょうたんというものを、ある人が与えたので、ある時、木の枝にかけておいた「そのひょうたん」が、風に吹かれて鳴ったので、うるさいといって捨ててしまった。)

また手に結びてぞ水も飲みける。
(また(元のように)手ですくいあげて水も飲んだ。)

かばかり心のうち涼しかりけん。
(どんなに心のうちはせいせいしたことであろう。)

孫晨は冬の月に衾なくて、藁一束ありけるを夕にはこれにふし、朝にはをさめけり。
(孫晨は冬の季節に夜具がなくて、わらが一たばあったのを、夜はこの中に寝、朝になると(これを)しまった。)

唐土の人は、これをいみじと思へばこそ、記しとどめて世にも伝えけめ、これらの人は、語りも伝ふべからず。
(中国の人は、これらの人の行状をすばらしいと思ったからこそ本に書きとめて後世へも伝えたのであろうが、日本の人は(もしそんな人があったとしてもそのすばらしさがわからないから)語り伝えるはずがない。)

古典カテゴリの最新記事