古典

徒然草 第二十五段

飛鳥川の淵瀬常ならぬ世にしあれば、時移り、事さり、楽しび・悲しびゆきかひて、花やかなりしあたりも、人すまぬ野らとなり、変わらぬ住家は人あらたまりぬ。
(飛鳥川の淵と瀬が変わりやすいように定めない世の中であるから、日時が移り、物事が流れ去り、楽しみと悲しみが交互に行き来して、昔ははなやかに栄えていた所も、(いつしか)人の住まない野となり、(昔と)変わらない住家は住む人が変わってしまっている。)

桃李もの言はねば、たれとともにか昔を語らん。
((昔ながらの)桃やすももは(花が開いていても)物を言わないから、誰とともに昔を語ろうか、昔を語るものはだれもいない。)

まして、見ぬいにしへのやんごとなかりけむ跡のみぞ、いとはかなき。
((自分の知っている所でさえこうだから)まして、見たこともない昔のとうとい場所と聞いている遺跡はとくに、いっそうはかない感じがする。)

京極殿・法成寺など見るこそ、志とどまり、事変じにけるさまは、あはれなれ。
(京極殿や法成寺などを見るのは、(建立した人の)志だけが(死後にまで)残り、事態はまったく変化してしまった有様は、実に感慨深い。)

御堂殿の作りみかがせ給ひて、庄園多く寄せられ、わが御族のみ、御門の御後身、世のかためにて、行末までとおぼしおきし時、いかならん世にも、かばかりあせはてんとはおぼしてんや。
(御堂関白藤原道長が(この法成寺を)立派に造営なさって、私有地をたくさん寄進され、自分の子孫だけが、天皇のご後見役、世の重鎮として、遠い未来まで(栄えるとうにと)思いおかれた時、どのような世になっても、このように荒廃してしまおうとはお思いになったであろうか、お思いになりはしなかったであろう。)

大門・金堂など近くまでありしかど、正和のころ南門は焼けぬ。
(大門や金堂などは近ごろまであったが、、正和年間に、南門は焼けてしまった。)

金堂はそののち倒れふしたるままにて、とりたつるわざもなし。
(金堂はその後、倒壊したままで、再建をするということもない。)

無量寿院ばかりぞ、その形とて残りたる。
(無量寿院だけが、当時の形見として残っている。)

丈六の仏九体、いと尊くてならびおはします。
(一丈六尺の仏が九体、たいそう尊くならんでおいでになる。)

行成大納言の額、兼行が書ける扉、あざやかに見ゆるぞあはれなる。
(行成大納言の書いた額、兼行の書いた扉(の文字)がはっきりと見えるのは、感無量である。)

法華堂なども、いまだ侍るめり。
(法華堂なども、まだあるようである。)

これもまた、いつまでかあらん。
((しかし)これもまたいつまで存在するであろうか、いつまでも存在しはしないだろう。)

かばかりの名残だになき所々は、おのづから礎ばかり残るもあれど、さだかに知れる人もなし。
(この程度の形跡さえない所々は、偶然に礎石だけは残っているものもあるが、(なんの跡かを)はっきり知っている人もない。)

されば、よろづに見ざらん世までを思ひ掟てんこそはかなかるべけれ。
(だから、万事につけて、まだ見ない(死んだあとの)世までを、考え定めておくことは頼りないことにちがいない。)