徒然草 第三十八段

徒然草 第三十八段
名利に使はれて、しづかなるいとまなく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ。
(名誉や利益に追いたてられえて、身心のしずかなひまもなく、一生を苦しむのは、実にばかげたことである。)

財多ければ身を守るにまどし。
(財産が多いと一身を守るのに事欠く。)

害をかひ、累ひを招くなかだちなり。
((財産というものは)害を受け、面倒な問題を招く媒介である。)

身の後には金をして北斗をささふとも、人のためにぞわづらはるべき。
(自分の死後に黄金を北斗星をささえるほど高く積んだとしても、それに関係ある遺族のためにやっかいなものにされるであろう。)

愚かなる人の目をよろこばしむる楽しみ、またあぢきなし。
(愚かな人の目をよろこばせる楽しみも、またつまらないものだ。)

大きなる車、肥えたる馬、金玉の飾りも、心あらん人はうたて愚かなりとぞ見るべき。
(大きな車、太った馬、金や玉の飾りも、物の道理を解するような人は、いやなばかげたものと見るであろう。)

金は山にすて、玉は淵に投ぐべし。
((だから)黄金は山にすて、玉は淵に投げ入れるべきである。)

利にまどふは、すぐれて愚かなる人なり。
(利益に心をなやますのは、きわめておろかな人である。)

埋もれぬ名を長き世に残さんこそ、あらまほしかるべけれ。
(不巧の名誉を死後長く後世に残すようなことは望ましいことに違いない。)

位高く、やんごとなきをしも、すぐれたる人とやは言ふべき。
((しかし)位が高く身分がとうといということだけを、すぐれた人というべきであろうか、いうべきではない。)

愚かにつたなき人も、家に生まれ、時にあへば、高き位に登り、おごりを極むるもあり。
(愚かで劣った人でも、名家に生まれ、よい時勢にあえば、高い位にのぼり、ぜいたくをきわめることもある。)

いみじかりし賢人・聖人、みづからいやしき位にをり、時にあはずしてやみぬる、また多し。
(非常にすぐれていや賢人や聖人は、自分から(求めて)いやしい地位におり、よい時勢にあわないで終わってしまった者も、また多い。)

ひとへに高き官・位を望むも、次に愚かなり。
(むやみに高い官位を望むのも(財産を望む者の)次に愚か者である。)

智恵と心とこそ、世にすぐれたるほまれも残さまほしきを、つらつら思へば、ほまれを愛するは、人の聞きをよろこぶなり。
((同じ名誉でも精神的な)智恵と心とが実にすぐれているという名誉も残したいものであるが、よくよく考えてみると、名誉を愛するのは、世の人の評判をよろこぶことである。)

ほむる人、そしる人、ともに世にとどまらず、伝へ聞かん人、またまたすみやかに去るべし。
(ほめる人も悪くいう人も、ともに(いつまでも)この世にとどまってはいず、人づてに聞くような人も、またすぐに死んでしまうであろう。)

たれをか恥ぢたれにか知られん事を願はん。
((だから)だれに対して恥じ、だれに知られるようなことを願おうか、願いはしない。)

ほまれはまたそしりのもとなり。
(ほめられることはまた悪くいわれるもとである。)

身の後の名、残りてさらに益なし。
(死後に名誉が残っても、まったくなんの役にもたたない。)

これを願ふも、次に愚かなり。
(こういう名誉を願う者も、(官位を望む者の)次におろか者である。)

ただし、しひて智をもとめ、賢を願ふ人のために言はば、智恵出でてはいつはりあり。
(とはいうものの、むりに知をもとめて、賢くなろうとする人のためにいうならば、智恵というものが人間に生じてから、(その結果として)いつわりが生じたのである。)

才能は煩悩の増長せるなり。
(才能というものは、実は人間の欲望や迷いの発達したものである。)

伝へて聞き学びて知るは、まことの智にあらず。
((人から)伝えられて聞き、(師から)学んで知るのは、ほんとうの知ではない。)

いかなるをか智と言ふべき。
((それなら)どういうものを知というべきか(もともとそういうものはないのである)。)

可・不可は一条なり。
(善といい悪といい、それは一つのもので、差別はないのである。)

いかなるをか善と言ふ。
(どういうものを善というか(そんなものはないのである)。)

まことの人は、智もなく、徳もなく、功もなく、名もなし。
(道の奥儀をさとった「真人」というものは、知もなく、徳もなく、名誉もない。)

たれか知り、たれか伝へん。
((だから)だれが(真人を)知り、だれが伝えようか。だれも知らず、(だれも)伝えるものはいない。)

これ、徳を隠し、愚を守るにはあらず。
(これは(真人がわざと)徳をかくし、愚者をよそおっているのではない。)

もとより賢愚・得失のさかひにをらざればなり。
((真人というものは)もともと賢愚とか、損得とかの境地にいないからである。)

迷ひの心をもちて名利の要を求むるに、かくのごとし。
(迷いの心をもって名誉や利益の欲望をもとめると、以上のような愚かなことになる。)

万事は皆非なり。
(すべてのことはみな「空」で実在しないものである。)

言ふにたらず、願ふにたらず。
(論ずるほどのことでなく、願うほどのことではない。)

古典カテゴリの最新記事