古典

徒然草 第三十九段

ある人、法然上人に、「念仏の時、ねぶりにおかされて行を怠り侍る事、いかがしてこの障りをやめ侍らん」と申しければ、「目のさめたらんほど念仏し給へ」と答へられたりける、いと尊かりけり。
(ある人が法然上人に、「念仏をしている時に、ねむけにおそわれて修行を怠ることがありますが、どのようにしてこの障害をとり除いたものでしょうか」と申し上げたところ、(法然上人は)「目のさめているような時に念仏しなさい」とお答えなされたそうだが、それは実に尊いことだった。)

また、「往生は、一定と思へば一定、不定と思へば不定なり」と言はれけり。
(また、(上人は)「極楽往生は、確実にできると思えば必ずできることであり、できないと思えばできないことである」といわれたということである。)

これも尊し。
(これも尊いことである。)

また、「疑いながらも念仏すれば、往生す」とも言はれけり。
(また、「(極楽往生ができるかどうかを)疑いながらでも、念仏をすれば、往生するものである」ともいわれたということである。)

これも、また尊し。
(これもまた尊いことである。)