古典

徒然草 第四十七段

ある人、清水へ参りけるに、老いたる尼の行きつれたりけるが、道すがら「くさめ くさめ」と言ひもて行きければ、「尼御前、何事をかくはのたまふぞ」と問ひけれども、いらへもせず、なほ言ひやまざりけるを、たびたび問はれて、うち腹たちて「やや、鼻ひたる時、かくまじなはねば死ぬるなりと申せば養ひ君の比叡の山に児にておはしますが、ただ今もや鼻ひ給はんと思へばかく申すぞかし」といひけり。
(ある人が清水寺へ参詣したときに、年老いた尼さんで、(途中で)道づれになった人が、道中ずっと「くさめ、くさめ」といいつづけて行ったので、「尼さん、なにごとをこのようにおっしゃっているのですか」とたずねたけれども、(尼さんは)返事もせず、やはりいいやめなかったが、幾度もたずねられて、少し腹をたてて、「ああ、うるさい。くしゃみをしたときは、このようにおまじないしなければ死ぬものだと申すので、(わたしが)お育てした若君で、比叡山に児でいらっしゃる方が、今が今にも、くしゃみをなさろうか(もしれない)と思うので、このように申すのですよ」といった。)

ありがたき志なりけんかし。
(なんとも世にも珍しい殊勝な親切心であったろうよ。)