古典

徒然草 第四十九段

老い来たりて、はじめて道を行ぜんと待つことなかれ。
(老年になってから、はじめて仏道を修行しようと(年老いるまで)待ってはならない。)

古き墳多くはこれ少年の人なり。
(古い墓は、多くは年若(くて死んだ)人のものである。)

はからざるに病を受けて、たちまちにこの世を去らんとする時にこそ、はじめて過ぎぬるかたの誤れる事は知らるなれ。
((人は)思いがけなく病気にかかって、今にもこの世を去ろうとする時に、初めて、過ぎてしまった時の、ひとりでにわかるといわれる。)

誤りと言ふは、他の事にあらず、すみやかにすべき事をゆるくし、ゆるくすべき事を急ぎて、過ぎにしことのくやしきなり。
((その)まちがいというのは、他の事ではない。(それは)まず第一にしなければならない仏道修行のことをあとまわしにし、あとまわしにしてよい俗事を急いでして、(一生が)過ぎてしまったことが後悔されるのである。)

その時悔ゆとも、かひあらんや。
(その時になってたとえ後悔してもなんのかいがあろうか、ありはしない。)

人はただ、無情の身に迫りぬる事を心にひしとかけて、つかのまも忘るまじきなり。
(人は、ただ、死が(その)身に迫っていることをしっかりと心得て、わずかの間も忘れてはならないのである。)

さらば、などか、この世の濁りも薄く、仏道を勤むる心もまめやかならざらん。
(そうならば、どうして現世の利欲も少なくなり、仏道修行の心もまじめでないことがあろうか。いや、まじめになろう。)

「昔ありける聖は、人来たりて自他の要事を言ふ時、答へていはく、「今、火急の事ありて、すでに朝夕に迫れり」とて、耳をふさぎて念仏して、つひに往生をとげけり」と、禅林の十因に侍り。
(「昔いた高僧は、人が来て、その人自身の(あるいは)こちらの重要な用事を言う時、答えて言うことには、『今、とても急ぐことがあって、(それが)もう明朝か今夕(といった目前)に迫っている』といって、耳をふさいで、念仏をし、とうとう往生をとげた」と、禅林(寺の永観律詩の書いた)十因(という本)に(書いて)あります。)

心戒と言ひける聖は、あまりにこの世のかりそめなる事を思ひて、静かについゐけることだになく、常はうづくまりてのみぞありける。
(心戒といった高僧は、あまりに現世がはかないことを思って、静かに腰を下ろして安楽にすわっていることさえなく、いつも膝を立ててうずくまってばかりいたということである。)