徒然草 第七段

徒然草 第七段
あだし野の露消きゆる時なく、鳥部山の煙立ちされでのみ、住みはつるならひならば、いかに、もののあはれもなからん。
(あだし野の露が消える時がなく、鳥部山の煙が立ち去ることがない(ように人が死なないで永久にこの世に)住みおとせるならわしであるとしたならば、どんなにか、ものの情趣もないことであろう。)

世はさだめなきこそ、いみじけれ。
(この世は無常であるというのが、すばらしいことなのである。)

命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。
(生命のあるものをみると、人ほどの長命のものはない。)

かげろふの夕を待ち、夏の蝉のある秋を知らぬもあるぞかし。
(かげろうが(その生まれた日の)夕方を待たずに死に、夏のせみが(夏の終わりには死んで)春や秋を知らないような(命の短い)ものもあるのである。)

つくづくと一年をくらすほどだにも、こよなうのどけしや。
(じっくりと落ち着いて一年を暮らす間でさえも、格別ゆったりとした感じのするものなのである。)

飽かず惜しと思はば、千年を過ぐすとも、一夜の夢の心ちこそせめ。
((それなのに)いつまでもの足りず(命を)惜しいと思ったならば、かりに千年も過ごしたとしても、たった一夜の夢のようにはかない心地がするであろう。)

住み果てぬ世に、みにくき姿を待ちえて、何かはせん。
(いつまでも住みおおせることのないこの世に、(老い衰えた)みにくい姿を迎え得たところで、なんになろうか、なんにもなりはしない。)

命長ければ、辱多し。
(「長生きをすれば、はずかしい思いをすることが多い」(と古人もいっている。))

長くとも四十にたらぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。
(長くても、四十歳に満たないうちに死ぬようなのが、実に無難であろう。)

そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出てまじらはん事を思ひ、夕の陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみふかく、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。
(その年ごろを過ぎてしまうと、自分の容貌を恥じる気持ちもなくなり、(恥ずかしげもなく)人の中に出てつきあいをしようということを思い、夕日の傾きかけたような老年に及んで子や孫を愛し、その子孫が栄えていく将来を見届けるまでの命を期待し、ただもうむやみに世間の名利をほしがる欲心だけが深くなって、ものの情趣もわからなくなっていくのは、なんとも嘆かわしいことである。)

古典カテゴリの最新記事